この写真は、一番上の正規品を日本でも売っているのを見たことがあります。ということは、日本人の口にも合うということです。Nestleの「After Eight」というお菓子です。この意味は、午後8時過ぎに紅茶と一緒に食べるお菓子、ということでしょうか。類似品は「After Dinner Mints」という、そのままズバリの名前です。薄いチョコレートの中にミントが入っています。確かに、ミルクティーにはよく合います。でも、気をつけないと夕食の後にこんな甘い物を食べると、そう、虫歯になりますね。
このへんは美味しいのでまだ許せますが・・・(次ページへ続く)
上の写真は、日本でもご存じ「KitKat」と、その類似品です。KitKatといえば、イギリスから来たチョコレート菓子、そして「Have a Break」でしたね。類似品の商品名、見ていると面白いですね。
最近は日本でもいろいろな味のKitKatが出てきましたね。イギリスにも、ホワイトチョコレート、イチゴ、などの味もありますが、これは、ミントです。類似品も、パッケージに中身の絵が書いてありますが、見た目はKitKatそのもの。ちなみに、値段は本物が安売りで£1、類似品は60pくらいです。
味は、なかなかいけます。
あなたはミントが好きですか?
イギリス人は、たいていがミントは好きと答えるようです。その証拠が、
ミントが好きなイギリス人